業界知識

23.12.27

【WEBTOON用語解説】「コマ割り」、「ヒキとメクリ」って何?

こんにちは!
漫画業界には「コマ割り」と「ヒキとメクリ」という技術があり、今まで多くの漫画に使用されてきました。しかしここ最近はWEBTOON漫画の普及により、その形も少しづつ変化しています。
そこで今回はそんな漫画業界の基本用語、「コマ割り」と「ヒキとメクリ」について解説していこうと思います。この記事を読めばWEBTOONの基本情報や、「コマ割り」、「ヒキとメクリ」における既存の横書き漫画との違いについて確認できます。

WEBTOON(ウェブトゥーン)とは

WEBTOONは韓国発のデジタルコミック、ウェブコミックのことを指します。

縦にスクロールしながら読める点が特徴であり、ほとんどのWEBTOON漫画はフルカラーで表現されています。スマートフォンで読むのに適した形になっている点も特徴であり、コロナ渦における巣ごもり需要の影響で「家から出ずにマンガを読める」「スマホに対応した縦読みがおもしろい」と国際的に人気が出ました。

ここ最近は日本でも大きな注目を集めており、多くの国内企業がWEBTOON業界に参入しています。

「WEBTOON」という名前は、NAVER社の登録商標ですが、本記事内では縦スクロール型漫画を指す言葉として、世界中で広く浸透しているWEBTOONという言葉で説明します。

基本用語「コマ割り」とは

コマ割りは漫画制作の際に、枠で囲まれたコマの配置やサイズについて考える作業のことを指します。漫画業界における基本用語の1つであり、魅力的な漫画制作には欠かせない作業とされています。

漫画のコマ割りでは、大小様々なコマで割ることでメリハリがつき、読者が読みやすさを感じさせます。また、コマ割りの効果はそれだけに留まらず、場面変化・登場人物の心情の変化などを表せます。例えば、斜めにコマを割ることでスピード感や登場人物の心情の不安定さを表現できます。



このようにコマ割りではメリハリや間隔、読者の目線を意識することが大切であり、これらを意識することで読みやすくて面白い漫画制作を実現できます。

WEBTOONにおけるコマ割りの特徴

WEBTOONは縦スクロール型の漫画なので、既存の横書き漫画とはコマ割りに対する考え方が異なります。既存の横書き漫画は目線の動きが複雑でしたが、WEBTOONは基本的に目線の動きが縦方向に限られるため、コマ割り技術が比較的シンプルです。



上記の画像の具体例のように、紙媒体の漫画では表現できないことがWEBTOONでは可能になります。

また、コマとコマのスペースを広く確保し、空いたスペースにイラストや吹き出しを入れることで空間を意識した漫画を制作できます。この一工夫を加えることで読者が「スクロールする」という動作を常に伴った「読む」という体験が可能になり、より臨場感が高まります。

基本用語「ヒキとメクリ」とは

ヒキとメクリは、漫画の書き方におけるコマ割り技術のことを指します。漫画を読み進めてもらうために必要な技術であり、一般的にヒキはページをめくる前の最後のコマのことを、メクリはページをめくった後の最初のコマのことを指します。ヒキは読者を惹きつける役割を担い、メクリは読者に驚きを与える役割を担います。

場合によっては、ページをめくった後の最初のコマをヒキと言い、ページをめくる前の最後のコマをメクリと言う場合もあり、その細かい定義などは決まっていません。

WEBTOONにおけるヒキとメクリの特徴

従来の漫画作成によって生まれたヒキとメクリの考え方ですが、WEBTOONではページをめくる動作がないため、その形は少しずつ変化しています。

一般的に従来の漫画では、メクリの1つとして冒頭にタイトルなどを置くことが多いですが、WEBTOONでは漫画よりも表現の制約が少ないため、初めから読者をストーリーに惹きこませる表現として、話の流れが分かるコマを冒頭に数コマ置いてからタイトルに入ることがあります。

ヒキにおいてもWEBTOONでは、話の最後にとても長いコマが入りやすいという特徴があると言えます。ストーリーの最後まで読者を没入させて続きが気になるように演出することで、次の話の冒頭をよりインパクトのあるものにする効果が期待できます。さらにWEBTOON漫画はコマ同士の間隔が広く、次のコマが画面外にあるというケースも多いので、常にわくわくしながら次のコマを楽しむことができます。

既存の横読み漫画に使用されていたヒキとメクリの考え方は、WEBTOON漫画にも応用されていると言えそうです。

まとめ

「コマ割り」「ヒキとメクリ」は漫画業界における基本用語です。縦読み漫画のWEBTOONにおいても「コマ割り」や「ヒキとメクリ」の考え方は重視されており、それぞれ新しい形で読者を惹きつけ、驚きを与えることに成功しています。

WEBTOONはまだまだ進化を続けているので、今後もどんどん新しい技術が生まれていくことでしょう。

ゲームクリエイターのお仕事探しならConfidence Creator

『Confidence Creator』はゲーム・エンタメ業界に特化した人材事業を展開する株式会社コンフィデンス・インターワークスが提供する正社員派遣(無期雇用派遣※)サービスです。

ゲーム・エンタメ業界の大手・上場企業を中心に200社以上の取引実績を持ち、常時月間300件以上の新規案件を保有。 Confidence Creatorにしかない非公開案件も多数ございます。

これまでゲーム・エンタメ業界で築いてきた信頼関係の強さを活かし、制作現場を熟知したコンサルタントがゲーム・エンタメ業界で働くみなさまのご経歴やご希望、これからのキャリアビジョンに応じて最適なマッチングを行います。

ゲーム・エンタメ業界でのキャリアアップを目指す方も、ご自身のキャリアについて漠然と悩みを持っている方も、まずはお気軽にご相談ください!

※無期雇用派遣とは?
株式会社コンフィデンス・インターワークスの「正社員」として雇用契約を結びますが、実際の就業先は、ゲーム・エンタメ企業での常駐勤務となります。「正社員」としての安定した雇用がありながら、大手企業をはじめとするさまざまなプロジェクトに携わりスキルを積むことができますので、成長意欲の高い方におすすめの働き方です。


かんたん仮登録無料

この記事をシェアする

  • X
  • Facebook
  • LINE
  • note

あなたに
ピッタリのプロジェクトを
一緒に見つけましょう

面談ではあなたのこれまでのご経験やスキル、
今後のキャリアプランについてお伺いします!

かんたん仮登録無料