コラム

23.12.27

WEBTOONと漫画の違いとは?ややこしい電子漫画との違いも解説!

突然ですが、WEBTOONと漫画の違いと聞いて何を思い浮かべますか?
WEBTOONと漫画はほとんど同じなのではないかと思う方もいると思いますが、実際には、WEBTOONと漫画には異なる点が多くあります。
今回はWEBTOONと漫画の違いについて解説していこうと思います。

WEBTOON(ウェブトゥーン)とは

WEBTOONは韓国発のデジタルコミック、ウェブコミックのことを指します。

縦にスクロールしながら読める点が特徴であり、ほとんどのWEBTOON漫画はフルカラーで表現されています。スマートフォンで読むのに適した形になっている点も特徴であり、コロナ渦における巣ごもり需要の影響で「家から出ずにマンガを読める」「スマホに対応した縦読みがおもしろい」と国際的に人気が出ました。

ここ最近は日本でも大きな注目を集めており、多くの国内企業がWEBTOON業界に参入しています。

「WEBTOON」という名前は、NAVER社の登録商標ですが、本記事内では縦スクロール型漫画を指す言葉として、世界中で広く浸透しているWEBTOONという言葉で説明します。

WEBTOONと漫画の違いとは

現在ではWEBTOON業界が急成長し、漫画業界からWEBTOON業界に参入していく企業や漫画家が増えています。そんな中、WEBTOON作品と漫画の違いに苦労する場合があります。一体どのような点が異なるのでしょうか。

1. 読み方の違い

まず初めに、読み方の違いが挙げられます。漫画は主に紙媒体で、WEBTOONはスマホで読まれるので、視線誘導の違いや国ごとの文章の読み方の違いなどからWEBTOONと漫画の読み方にも違いが生まれます。

もっと詳しく知りたいという方は、下記のリンクの記事を読めばより理解が深まると思うので是非読んでみてください!
>漫画が読めない場合は?WEBTOONという選択肢もある!

2. WEBTOONの方が表現の幅が広い

WEBTOONはデジタルで制作されるので基本的にフルカラーで描かれますが、漫画は主に白黒で描かれます。よってWEBTOONの方が、よりリアルに近い表現が可能なので、漫画よりも取っ付きやすい方が多いのではないでしょうか。

また、色の違いだけでなく、フォント・コマ割り・ヒキとメクリなどにおいても、デジタルならではの表現方法が存在します。

コマ割りやヒキとメクリなどの詳しい解説はこちらでもご紹介しているのでぜひご覧ください!
>【WEBTOON用語解説】「コマ割り」、「ヒキとメクリ」って何?

3. 読者の違い

WEBTOONは隙間時間にサクッと読める軽いストーリー展開で物語が構成されていることが多い一方、漫画はその作品の世界にじっくりと入り込んで作品の世界観を味わえるように構成されていることが多いです。

そのため双方の読者の層も異なり、WEBTOONが好きな方が漫画を読み「難しすぎてストーリーを理解できない」と感じたり、漫画が好きな方がWEBTOONを読んで「満足感が足りない」と感じたりすることがあります。

ただ、この違いも作品によって異なるので、WEBTOOONでは深い作品に出会えない、漫画にはサクッと手軽に読める作品はないということはありません。

4. WEBTOONはユーザーの声を聞きやすい

WEBTOONプラットフォームでは、作品に対するユーザーのコメントが直接届けられるようなコメント機能がついています。そのため、WEBTOON制作者はユーザーからの評価を直接聞けるので、すぐに改善できます。

一方で漫画の場合、雑誌の発売後や単行本の発売後など、ある程度時間をおいた後に雑誌の売り上げや単行本の売り上げによってユーザーからの評価を知ることになります。それ以前であればSNSなどを用いなければ読者の声が聞きにくいことが多いです。

WEBTOONと電子漫画の違い

また、WEBTOONと電子漫画について、呼び方が違うだけで同じものだと認識している方もいるかもしれません。最近では電子コミックと呼ばれる電子漫画もあり、デジタル化を活かした表現が多く使われています。漫画をフルカラーにしたりフォントの違いで心情を表現したりと、WEBTOONと似ている部分もあります。

しかし縦スクロールではなく、横にスクロールして読んでいくので視線誘導はS字ではなくZ字であり、ネット配信前提で制作されるWEBTOONと紙の出版前提で制作される電子漫画では差別化がしっかりと図られています。

WEBTOONと漫画はどちらが良いのか

「WEBTOONと漫画のどちらが良いのか」という話題や、「漫画はWEBTOONに取って変わられるのか」という話題が良く聞かれますが、WEBTOONも漫画もそれぞれの良さがありますし、漫画が無くなることもないでしょう。

WEBTOONにはWEBTOONの楽しみ方があり、漫画には漫画の楽しみ方があるので一様に比較することはできません。そのため、自分に合った読み方で作品の世界観を楽しむことで「読む」という体験価値を最大化してくれるのではないでしょうか。

まとめ

WEBTOONと漫画には読み方や表現などさまざまな違いがあり、漫画も昨今のデジタル化に対応してさまざまな取り組みを行っていることが分かったと思います。

WEBTOONと漫画にはどちらにも優劣をつけることはできないので、それぞれの特徴を活かした作品で、その世界観を楽しみましょう。

ゲームクリエイターのお仕事探しならConfidence Creator

『Confidence Creator』はゲーム・エンタメ業界に特化した人材事業を展開する株式会社コンフィデンス・インターワークスが提供する正社員派遣(無期雇用派遣※)サービスです。

ゲーム・エンタメ業界の大手・上場企業を中心に200社以上の取引実績を持ち、常時月間300件以上の新規案件を保有。 Confidence Creatorにしかない非公開案件も多数ございます。

これまでゲーム・エンタメ業界で築いてきた信頼関係の強さを活かし、制作現場を熟知したコンサルタントがゲーム・エンタメ業界で働くみなさまのご経歴やご希望、これからのキャリアビジョンに応じて最適なマッチングを行います。

ゲーム・エンタメ業界でのキャリアアップを目指す方も、ご自身のキャリアについて漠然と悩みを持っている方も、まずはお気軽にご相談ください!

※無期雇用派遣とは?
株式会社コンフィデンス・インターワークスの「正社員」として雇用契約を結びますが、実際の就業先は、ゲーム・エンタメ企業での常駐勤務となります。「正社員」としての安定した雇用がありながら、大手企業をはじめとするさまざまなプロジェクトに携わりスキルを積むことができますので、成長意欲の高い方におすすめの働き方です。


かんたん仮登録無料

この記事をシェアする

  • X
  • Facebook
  • LINE
  • note

あなたに
ピッタリのプロジェクトを
一緒に見つけましょう

面談ではあなたのこれまでのご経験やスキル、
今後のキャリアプランについてお伺いします!

かんたん仮登録無料